2005年05月10日

一日一浪っち(一日に一度は浪川さんの声を聞け)

昨日、ある声優さんの名前でブログ検索をしたときに、あるブログにたどり着きました。
そこにはなんと、その声優さんとキャラに対する批判が書いてあったのです。

仮にも私の好きな声優さんです。
好きな声優の名前を調べたはずなのに、
その批判を、否定的な文章を見なきゃいけないなんて、それほど酷いことはありません。

自分は「ヤダ」って思ってたって、
ネット上っていう公共の場で吐き出す必要はないと思うんです。

だから私は否定的なことを書くことに、否定的です。


さて。毎日誰のことを書こうかなぁなんて考えてるんですが、
今日は森田成一さんについてー。
(近くに幕末恋華新撰組(PS2用ゲームソフト)があったので)

森田さんを一番最初に知ったのは…たぶん
「火原和樹@金色のコルダ」だったと思います。
それも声より名前を先に覚えてました。
恥ずかしながら、最初はマサカズじゃなくてセイイチって普通に読んでて。
それからちょっと調べてみて、「あぁ、まさかずって読むんだー」と。
以来、森田さんとか成一さんとか呼んでます。

森田さんがどーんと騒がれるようになったのは、
「黒崎一護@BLEACH」からだと思います。
って、私がそれまで注目してなかっただけでしょうね。うっかり!

一護役は、もう森田さん以外考えられないです。
カッコイイ台詞も、ギャグに走ってるところも、
うま〜く、"一護らしさ"を表現してらっしゃると思います。

「熱さ」も感じる声だけど、決して熱血ッ!ではないような。
決して低い声じゃないんですね。
声を出した後の母音の名残が結構強い感じがありますが、それがまた良い〜!
演じてらっしゃるキャラを見ると、純粋そうなキャラが多いなぁ、と思いました。
可愛らしさも兼ね備えてるなんて、これは乙女も大喜びですよ。

そうそう、一護もよかったですが、近藤勇@恋華もツボでしたよ。
中でも凄い好きな台詞が
「そーれーはそれ、こーれーはこれ」っていうのなんですが。笑えた…(え!?)
持ってる人はもう一度聞いてみて欲しいな。
あと、メインテーマを歌ってらっしゃるんですが、
第一印象をぶっちゃけて申しますと「歌いこめばもっと上手くなると思う!」です。
低音から高音まで、幅広くて、声も曲のイメージにぴったりでした。

私はまだあのお顔からあの声が出てくるイメージが、沸いていません…(´・ω・`)
あ!だからイベント行きたい!「恋華の宴」!
ナマモリモリの歌!(生の森田さんと森久保さん)


(ケ■■軍曹を検索してこのブログにいらしてくださる方がいらっしゃるようなんですが
  なんか申し訳ない気持ちでいっぱいです…)
posted by 氷雨あお at 23:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3554361

この記事へのトラックバック

金色のコルダ
Excerpt: 金色のコルダ金色のコルダ(きんいろのこるだ)は、コーエーから発売されている女性向け恋愛シミュレーションゲーム。女性向けゲーム開発チーム、ルビー・パーティが開発したネオロマンスシリーズ第3作目。情報元:..
Weblog: 【金色のコルダ】
Tracked: 2005-05-16 18:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。