2006年08月26日

NO SIGNAL in プラネタリウム

ねぇカミサマ!私、これほど幸せに感じたこと、今までありませんでした。

目的は浪川さんと野島さん。
二人は癒し系の方たちで、イベントでもやはり、そのように。
BE LOVEDの皆様。本当にありがとう。

プラネタリウム。
中学校以来、ご無沙汰でした。行っても時間が合わなかったりして。
そんな「久しぶり」でちょっと過去を思い出す。
星空に乗せた言の葉、音楽、ありのままの姿。
とても、とてもきれいで、みんなが楽しめた…
そんなイベントでした。

今日はしっとり書き始めてみました。
事前にハッキリと申し上げますが、持続は無理です。(どーん)

では続きにて、レポートをお楽しみください。

イイ汗は、これが終わったら思い出します。(いね)

※まだ途中だよ!

※まだ途中だよ!


今回は私事が多くなるかと思いますが、お付き合いくださいね。

浪川さんは、俳協イベント以来お久しぶり。
野島さんは、初めての拝見!

事前に整理券が配布され、配布された順番のとおりに階段で整列。
そこで見ず知らずの方たちと番号を確認しあって感じたのは、みんな優しい!ってこと。
おおらかな人たちばかりだった気がします。…僕がどうかわからないけどね。
「彼ら」がそう導いたんだろう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

場内が暗くなってからみんなシートを倒し、しばし夜空を楽しみます。
美声とともに歌姫、歌天使、イケメン歌殿の登場。
そして浪川さん、野島さんが語りながら登場。(マイク無し)
この時点でワタクシすでに涙です。(早っ)

入り口から見て左に浪っち。右に健児さん。
中央のプラネタリウム機器で足を止めました。
私は右の端っこに座ってたので、最初に見えたのは健児さん。
きゅんきゅんです。
そして少し止まって、立ち位置を入れ替え。
浪っちぃーーーーーーっ!(*´Д`)ハァハァ
暗いけど、確かな存在感。
マイクを通さなくても聞こえる、声。ただ、きれいで…。

ステージに移動。
2本のスタンドマイクに向かってそれぞれ立ちます。
右が浪っち、左が健児さん。

言葉をつむぐ。
まず浪川さんから。
マイクのスイッチ入ってなかったけどすぐ持ち直し。

続いて野島さん。
アクシデント発生。スイッチ入れても声が通らない。
ちょっと地声のボリュームを上げてくださいました。

浪川さんが、マイクをスタンドから外し、野島さんにパス。

動じない彼らに魅せられました。
また、トークでもその件に触れることもなかった。
それだけで、なんて、素敵。さすが。

ステージから操作ブースへ移動。
なんと真横をすり抜ける浪っち!
今までで折笠さんバリに近かったです。いや、それ以上!
申し訳ないと思いつつもガン見させていただきました。

ほうぅっ…(*´Д`)!!

それから、挨拶をしてプラネタリウムらしく天体観測。
2006.8.25 20:00の夜空が広がります。
一番星ってなんだか知ってますか?
答えは木星。
(プラネタリウムの)先生の案内で木星へ移動。
健児さん「地球の11倍なんだって。って…実感わかないよね。」
 浪っち「あれだよね、東京が11個分みたいなもんだもんね。」
 会 場「(…えっ?)・・・えぇ〜っ?違うでしょう(笑)」

木星の解説の後は地球の衛星、月へ。

月によって、自然や人体、人の心にまで影響を及ぼされている。
千恵ちゃん「あの偉大な海でさえ月の影響を受けてますからね。
       人体は60%が水分だというし、私たちがそうなるのもわかりますよね」
新月の日に手術をすると治りが早いとか言いますよね。
(へぇ、そうだったんですか、知らずに手術しました自分)
月の神秘に触れる沢口さん。

「あの月でカップヌードル食べたらおいしそうだよね」

はい宣伝ー。笑。

ここで「有罪」をおき聞くださいって。翻弄。
また泣いた。



そして星座を見て、トーク。

「こと座」について
健児さんが俺は知ってる、マイナーって言った「こと座」。
(実際の会場で見た内容?がこと座だったから知ってたそうな)
(声優に初挑戦したえぇっと、スズキさん、かな?)
星座の中で唯一の楽器なんですよ〜、
神話のなんとかっていう(忘れた、調べる元気ない)少年が
持ってた琴なんですよ〜と、さまざまの解説が。

そして浪っち、こと座の説明終わるころに曰く、
「あぁ、コトって琴のことか!なるほど〜」と。

 ……えぇっ!?遅っ!! 会場、笑。

ほかにイルカ座の話、わし座の話、さそり座の話なんかもしました。

星座盤を見るのが好きだったのでイルカ座があるのは知ってましたけど
あんなキモイのが出てくるとは正直思ってませんでした。(苦笑)

へびつかい座の解説はスライドで。
浪っち、健児さん、千恵さんの生アフレコ(とはまた違うけど)キタっ。

へびつかいである医者の役→浪っち
へびのへび吉役→健児さん
ナレーション→千恵さん
その他→浪っちと健児さん(笑)

内容は、どんな病気も治す優秀な医者が街の噂になっていた。
医者はヘビを飼っていた。
実はそのヘビが「しゃあ」ってすると
患者さんがビックリして、それで病気や怪我が治るっていうのが真相。
ハッスルして腰を痛めたご老人も、
バナナの皮で転んで骨折しちゃった若者も、
整形したい女性も、
太りすぎてひざが痛い男性も、
み〜んな治しちゃう。
でも、そうすることで、医者の住む街には病人やけが人が一人もいなくなってしまった。
困った医者は考えた末、お墓を掘り起こして死者を甦らせた。
死者であふれかえった街を見て怒った神「ゼウス」は、医者に雷を落として殺してしまう。
取り残されたヘビ。優秀だった医者…。
ゼウスは医者の死を悼み、星空に導いてあげた。
…以上です。

はじめに医者に扮した浪っちが「へびつかい座の神話を知りたいか!?」みたいに投げかけたんですが、周りが静か過ぎて客席は反応できず、
「っ…!ぅっ!」てなってました。かわいい。
再度、「知りたいか!?」の声に「知りたーい」ありがとう。

一人で何役もこなした浪っち、可愛かったwがんばったっ!
健児さんも可愛かったぉw(「しゃー」は健児さんですよね??違う?)
お二人の女声が聞けました。キモカワー(はあと)

内容はつっこみどころ満載だけどだれもがそう思いながら聞いてたから、あえてつっこまないでね(笑)

これ神話だから。(どーん)

古代の人々は思い思いに星空に物語を描き、
また、倫理的な、現代で言う教科書代わりにしていたんでしょうね。

…まったく沢口さんのおっしゃることはいちいち素敵でぐっとくるんだから。

それから歌語りが何本かあって、BELOVEDと一緒に歌いました。


手拍子をするのが好きです。
会場の一体感があるから。
もっと、もっと楽しくなりたい。
楽しませてって思うから。


ノッて手拍子してたらスズキさんと目が合いました。キューン。
もっとはじけて!
浪っちも楽しそうに手拍子してました。
健児さんは影に行っちゃって見えなかった。
スズキさん、さがしちゃってたんだよ。


ステージでのトークへ。

浪っち、ふった質問を逆に返されちゃう。
「流れ星にはどんな願いをかけますか?」
うーんと悩んで、やっぱり健康。どんなときでもベストコンディションでいられる体がほしい、って言ってました。
健康が一番ですよね。って。
「なんかおじいちゃんみたい」とも自分で。笑

野島さんからのツッコミ「星に願うほどなの、それは?」
・・・たしかにっ!
ちょっと悩んで「うたいたい」って!
どうぞ、とみんなにステージを譲られる浪っち。
「いや、ごめん、ぜんぜん間違った!歌唱力がほしい、だよ」

客席「あぁ…」(納得)

そんな客席の反応を見た浪っち、「あぁってなんだよ」ちょっとすね気味に
「本人が一番わかってるんだよ」と。

野島さんの願いは「このステージを一人でやりきるだけの力がほしい」
その願いかなえましょう!と石橋さん(歌姫)。

なんと健児さんのソロ!

浪っちは合いの手で語り、歌姫&歌天使がコーラスでちょい参加。

「みんなにちょっと手伝ってもらうけど、ソロです☆」

の一言に思わず拍手っ!がんばれ!楽しみだ!
そんな感情に体が勝手に反応しました。

「宴会会場みたい」

こらー。台無しだぞー、笑

健児さんの歌を聴きながら息の仕方を、声の出し方を、すべてを見ました。
小さな照明が、どうしてどうして彼をあんなにも引き立たせるんでしょう。
その憧憬が焼きついて離れない。

浪っちは、横で待機。近い。近いよ。
ここにいるのよって、ビー玉を転がしたかった。


王子すわり(今作った)をしていました。
えぇっと…左ひざを床に付いて、右ひざを立てて右腕をその上に乗せてました。きゅん…!



まだ途中だよ!







健児さん、浪っちと、握手したよ!

もう、マジで死ぬほど緊張しました。
座ってたブロックが右側だったんですが、
右側の前5列目まで壁際に並んでくださいって言われて、
並び始めたら前にいた人たちがどんどん後ろに行っちゃって、
え、ちょっおまっ!
前から2番目になっちゃって、後ろ振り向いても
笑いながら「どうぞ(はぁと)」されちゃうし。
しょうがない、あんまり後ろ行ってもしょうがないから
2番目にならんだっす。

前の方に続いて箱にチケットを入れ。
箱を持ってたおじさまに「ありがとうございました」の一礼。
まだ冷静だった、フリをしていたんだと思う。

ステージに上って、健児さん、と、あくしゅ。
戸惑ってたら、健児さんから手を差し伸べてくれて「あ、いいんだ」って思った。
自分の手の冷たさに驚いた。血がウマく循環してない…。
けれど健児さんの手のぬくもりを(キモイ!!)なお感じられたのは良かった。
健児さん開口一番「お疲れ様でした」だったので、ザ・オウム返し。
「お疲れ様でした」
「ありがとうございました」
もう馬鹿の一つ覚えのごとくそればっかり言ってました。
そして少しの間をもって、ばっちり正面で目を合わせ
「感動しました」の一言を伝えた。
なんて小規模な言葉。そうとしか伝えられない自分。ショボイ。
「また」って言ってくれたのがうれしかった。

そんで、横にずれて、浪っちと握手。
もう心臓やばくって足とかがくがくだし、でもしゃべんなきゃって思って。
「お疲れ様でした」「ありがとうございました」って言った。
ホント泣きそうだった。
やっぱり間が空いちゃうんだけど、思ってることを伝えなきゃ。
ぼそって「近くで…」って言ったら、聞こえなかったみたいで
ちょっと寄ってくれました。
「近くで見れてうれしかったです」って自分。泣いたように震えた声で
品のかけらもない一言をぶっ放しました。
でも
「ホントに?」
「また是非」
って、言ってくれた。ずっと笑顔で。
・・・メイクしてるのわかった。そんくらい近くて。
もうだめだ。ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ。

終わって、妹が待ってるところに行ったら号泣しちゃいました。(素で)


握手会のためのCDを買うかどうか本当に迷ってたんです。
もうCD持ってたから。
でもみんな買ってるしな、どうしようかどうしようかと散々悩んで結局買った。
CDよりむしろ握手する権利を。(ゴメンナサイネ)
なんか、正直自分の中の浪っちがどうなんだか分かんなくて
昌也んみたいに思えないし、祥ちゃんやまーさん、スギとも違うし。

「雲の上の…」って思ってるんです。浪っちには夢を見ちゃうんです。
ちょっと近くで見たくらいで泣いちゃったよ。
そのくらい好きだったんだと思った。



忘れない力をください。
刹那的な出来事でも、鮮明に、克明に、思い出せる力を。
あせることなく。
さえない私の心を動かす彼らを、
一秒でも多く、目に、耳に留めておきたい。
心に残しておきたい!強く強く強く!焼き付けて!!!!!


------------

うわぁ;もう、どんだけ書いてんだよって感じですね。
こんなぐだぐだにつき合わせちまってすまねぇ…

浪川さんの情報サイトでもぺさんによってバッチリアップされてたので
こちらをご覧になっていただいたほうが内容が簡潔で分かりやすいかと存じます。(苦笑)
posted by 氷雨あお at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。