2006年07月10日

BLEACHイベントで卍解!!

(↓これまたあとで編集しようと思います、いろいろ)

BLEACH SOUL SONIC 2006 夏祭の初日(1章2章)に行ってきました。
楽しかった〜。と、可愛かった〜。が、率直な感想です。(w

てか、遅刻したんだよ。ぶっちゃけ。
余裕ぶっこいてたら5分くらい平気で始まってた。
イヤア!!今回は計画的に行こうと思ってたのにおかしいなア!!

えぇと、始まるまでにスクリーンに注意書きとか、
サイトで募集した俳句とかが映ってたようです。(2章を思い出しながら)
ちょっと面白かった。

2章が始まる直前に
「このイベントはフィクションではありません」
「キャストの皆さんは少し疲れているようです」
だから大目に見てあげて、みたいな内容が縦書きで映されて、
会場が笑ってた。

「観客:拍手」

パチパチパチ…

「観客セリフ:」
「ブリ〜〜〜〜〜チ!!」



『ブリ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜チ!!!』

で幕開けです。


1章はすでに生アフレコ始まってた。
アニメのバウント編をダイジェストチックに
みんなモノローグとセリフをちょこっとずつ。
スタジオっぽく、座ったり立ったりしてましたよ。

安元チャドの時はちょっと黄色い声が上がった気がした。
…初めて見るよ安元さん。地声も低い安元さん。

杉田のばの出番が面白かった。
隊長の背中にあるあの数字がスクリーンに表示されて
 ∧
<五>
 ∨

「…よろしく」


 ∧
<四>
 ∨

「…どうぞ」

とか、一言ずつだけ喋ってるのが面白かった。
そんなお前が好きだーーーーーーーー!!!!!!>のば

このアフレコはキャストが違うので章ごとに違う内容らしい。
のばの一言も1,2では違いました。


最後にはキャスト全員が起立してなきゃいけなかったんですが
杉が座ったままで、キョロっとしてからさりげなく立ったところが
超ツボ!!!!
内容はシリアスなのに、会場が笑っちゃって、
「このオイシイドロボー」と思った。かーうぃー★


次はオリジナルのパロディでしたなぁ。
1章は刑事もの、2章は(呪われた)病院もの?

★ツボ★

・杉の出番がなかなか来ない(…のばぁ!!)
・→それを弄る大川さんと真殿さん
・杉山さんが噛んじゃったのを真殿コンと松岡織姫が弄ってた。(→2章)
・杉山雨竜(←え、一発変換!?)がメガネ光らせるときに
 安元さんが自分のメガネを杉山さんの方に差し出して、
 フラッシュ的なスポットライトで、マジで光らせようとしてた
・真殿コンが、イトケン恋次のとこまで行っちゃった(黄色い声)
・→さらに肩まで組んじゃった(さらに黄色い声)
・→→森田さんが混ざっちゃった☆


アドリブを交えての面白いコーナーでございました。


もうあとはトーク。
コーナーの繋ぎに、
「声優からキャラへの手紙」or「キャラから声優への手紙」っつーので、
その手紙の映像(二次元)と音声が流れました。
私が見たのは以下のとおりです。
・小西…カツさんから修平へ
・幸季から花太郎へ
・一護からまーさんへ
・福じゅんから弓近へ
どっちが1章で2章なんだか忘れちゃいましたが愛情が溢れ出てました。
てか、追伸が面白かった。


トークではあってないようなもののさいころを転がしたり
人を弄ったり弄られたりで、
1章は割りと和やかに、2章は割りとシビアに(笑)進んでました。

さいころはね、転がす人はちゃんと転がすんだけど
結局イトケンとか杉とかがキャッチしちゃって、観客の希望通りの目になっちゃうのね。
や、それが面白いからいいんだけど。
「みんな〜、どの目がいいんだ?」
「愛ーっ」
「胸きゅんー」
とか、ピンク色の目ぇばっか(w

森田さんの「胸キュン」は面白かったですよ(え)
…ここは話しとくか。イヤ、どうするか。いっか。
みんなDVD買ってね。買ってね!

好きな子と雨の中、屋根のあるところ(コピー屋さん)まで走って
建物の中でタオルをその子に渡したんだって。
そしたら自分の髪からツーって雨の雫が額って言うか眉間あたりに落ちてきたんだって。
それを見た彼女が受け取ったタオルで拭いてくれたんだってさ。

でね、それを、森田さんが実際にやってみせたかったらしくって
起立してキョロってしたんだけど「んんっ!」誰に頼んだらいいか分からなかったぽく。
そこで立ったのが杉ですよ。杉田さんに拍手!

音響(雨音)は真殿さんが担当。

ポツポツポツ…ザーーーーーァ!!!!(降らせ過ぎ)

「これがコピー機ね!」(そここだわるのか)

杉は無言。

若かりしまーさんを再現するまーさん
→「はい(タオルw)」

聞いた話のとおりの動きを

「・・・・・・」

しなかった

マジまーさんの記憶にキズが・・!!
詳細はDVDでね!!!!!!(よく言った)


なんか、まとまんないので各声優さんの感想をつらっと書き並べます。

・大川さんがすごい、あの…アレな格好だったけど可愛かった。
親馬鹿で(昨年秋にパパになったそうです)
・基本ボケだけど、いいとこ突くタイプだと思う

・そんな大川さんをどんどん好きになってく安元さん
・司会、良かったです
・キッチリまとめなきゃって誠意が伝わってきた
・けど、犬への行き過ぎた愛情が…w
杉のフォローも忘れない「飲みに行こうな」
・イトケン先輩への敬意も忘れない(さいころを振る際に数メートル先に立つ先輩に、礼!)
・「愛」の話は、素直にいい話だと思った。
(いや、ここはやっぱりあの声で聞いて知ってほしい)

・アクティブで、観客の味方のイトケンお父さん。
・司会をした安元さんのフォローをしたり
・何気に気ぃ遣いサンだった
・生CMで噛んじゃったところに親近感
・半袖を捲くって上腕二とう筋を披露してくれたし
・オバケ苦手のキャラを維持してくれました

webサイト上
Q:○○に持たせたい斬魄刀は?
A:イトケンにお札丸!!

・腰に携帯していたお守り(でも安産祈願←杉談)で
・真殿さんの脅かしに対抗
「お札丸!お札丸っ!!」
・…必死。

・イトケンをアドリブのターゲットにした真殿さんはハジケたタイプだ
・でも笑顔が優しい、腐女子のツボを理解したおじ様だ
・アドリブもコメントも突っ込みも面白かった
・ちょっとダルそうなところも良いと思います。

・そんな真殿さんに弄られとおした杉山さん
・真面目な人だって知りました

真殿さん「彼は真面目なんですよね」
杉山さん「そんなことないですよ」
真殿さん「俺がね、本番前に台本一生懸命横で読んでるところでね、
     台本をうりゃあ(クシャクシャって仕草)をしたんだけどね
     『やめてくださいよー』って言ったの」
杉山さん「(笑)」
杉田さん「そうなんですよ、俺が楽屋で
     『メガネ光るところ、杉山さんが自分でキラーンって言えばいいじゃないですか』って
     冗談で言ったら、『そんな余裕ないよ(苦笑)』って。」
杉山さん「(笑)」

・面白くしようと必死で、でも突っ込まれちゃって、弄られちゃって。
・ナルトの時に「エロイ」って言われてて不快そうな顔をした理由がようやっと分かりました。
・いつか、もっとコッテコテでアニメ用に作った声を聞いてみたい
・歌は初めて聞きましたが…一生懸命で
・ぶっちゃけ可愛い
・真殿さんが杉に振った話に「えっ(また俺)?」ってなっちゃった(爆笑)

・今の↑でネタぶっとんじゃったよ〜と。
おじいちゃんと飼い犬ナオジの話がどのイベントでも出てくる杉。
・出しちゃうとこがよい。
・そしてずぅっと「おっちゃんこ座り」(そちらではなんていうんでしたっけ>まやさん)
・たまに内股(おっちん座り??あれ?)
・自分でもやしっ子って言った
・突っ込むところはちゃんと突っ込みを入れる

・ずっとテンション高かった森田まーさん。
・相変わらずなアレでした…(何?/笑)
・歌ってるところが祥ちゃんっぽかった
サービス精神旺盛なところが好きです

映画の映像を見ました。
映画が始まる前に映画館で流れる映画のCMの映像ですね。(ややこしッ)
…声が無かったんですが、まだなんでしょうか。
や、そんなことはないか…。CMやるならもう録ってるよね??

ミュージカルが人気っぽくてびっくりした。
冬獅郎の人が人気?観客の声量的に。



あぁ頑張ったぜ久しぶりに。…てか、イベントの話あんましてなくね!?
でもDVDが売れなかったら困るからこんくらいでいいやね。(どこの回しもんなんだ)

徐々に生で見る声優が増えてきてるゾ★
(安元さんがかっこよかった〜ん)
松岡由紀さんが可愛かった。発言も面白かったし!
どうでもいいけど、なんだかオリィと縁がある。この美人っ!
また会おう!
posted by 氷雨あお at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。