2006年01月04日

そろそろかなーと思って…

新たな年を迎えました。今年もよろしくお願い申し上げます。

今回はやっとこさ三木さんについて話そうかなと思います。

三木眞一郎さん。名前と声はずっと前から知っていました。
たぶん、ポケモン効果です。
小学生のときに林原めぐみさんの名前を既に知っていたので、
林原さんのムサシと一緒にやってるコジローの三木眞一郎さん、みたいな。

私が好きになったきっかけと言うのは…
D3パブリッシャーから発売された「幕末恋華・新撰組」という恋愛SLGです。
(SLGでシュミレーションゲームですって、最近知ったよ…)
その中で三木さんは「斉藤 一」役をやってらっさいました。
良かったのですよ…キャラが好きなのか声が好きなのか、とにかくハマりました(笑)

ゲームでクリアしたキャラ。
┏ 斉藤一@幕末恋華・新撰組
┃ 有川将臣@遙かなる時空の中で3
┗ 成瀬由紀彦@学園ヘヴン

とにかく三木さんにハァハァさせて頂きました。
こう、ゲームって動画じゃないですか。…ん、違うぞ?動画じゃないじゃないですか(ややこしい)
………ゲームって静止画じゃないですかっ(正解!)
それでもね、ちゃんとキャラの表情が"見える"のね。
ゲームなのに目を閉じて"聞く"ですよ。
そうすると感情移入しやすいのです。
三木さんの声はキャラのものーって思っちゃいます♪(←可愛い子ぶってもダメ)

[コジロウ@ポケモン]

三木さんのヘタレキャラ代表かな…?(そらもう勝手に!)
私ね、普通のキャラよりヘタレてた方が好きだと思います。
なんかもう「あぁ裏返っちゃった〜」くらいの方が好きです。
「にししー」と笑いをこぼしている自分を否定できません。

[クリード@BLACK CAT]
[ミズキ@NARUTO]

もうね、私が本当に一番、いッちばーん好きなのは、
精神的にイッちゃってるキャラ。
んも、大ッ好きです、本当に!!!
「はーっはっはぁ!!」とか言ってるのがもうヤバイくらい好きです。
(は〜いテンション高くなってきましたよ〜危険ですよ〜)
あんだけイカレちゃってるのをそのまんま演じられるのって本当にすごいです。


………!〜〜〜/////

(思い出し中)

あーもうホント素敵です。(キモイ)

あぁ、んでぇ。
二度、二度だけ拝見したことがあります、割と遠くから(苦)
もう、嫌われに拝見しに行っている感が否めません。
でもあれです。もう書いてるみたいなのでいいや。

えぇと、尊敬してるんです。
声だけじゃなくて、私には無い魅力的なものをたくさん持っていらっしゃる、もしくは得ていると。
だから惹かれる。

メルマガでは話したんですが(なのでほとんどコピペ)、朗読CD「ふしぎ工房症候群6」を聴きまして
改めて三木さんの声のいいこと、技術の高さを思い知らされました。
三木さんのはシリーズ中初めて聴いたんです。
タイトルと漠然とした内容だけで、ファンからの評判も感想も知らなかった為、
全く先入観無く聞けたのは良かったかなと思います。
ぶっちゃけ泣きました。
ストーリーは読めてしまうけど、そうなるって分かってるんだけど、
それでも泣いてしまうのは三木さんの演技力の賜物(…そういわれるのは嫌いかもしれない)。
台詞だけじゃない、モノローグも、ただの文章でさえも感情を込めて声にするから、
感情移入した私は泣いたんでしょう。
みなさんも聴いてみて下さい!

おーし。まとめらんないぞーこれぇ。

今、AN'sJAMを聞いてるんですが…
普段「ぷりすて」を聞いている私としましては全然聞きなれないといいましょうか、
女子の声が聞こえないことの違和感?
えー、そっかー。んー。下ネタ……(笑)
三木さんの世界がちょいと覗ける感じがしますねぇ。
ネオロマのラジオを聴いていなかったのでこれはこれで。

もうちっと色々知りたいですが、いかんせん
あんまり嫌われたくない思いが強いので(苦笑)
作品を見聞きすることで三木さんの魅力を追求していきたいと思います。

あ、終わり。もう前みたいな書き方忘れちゃったよ。
posted by 氷雨あお at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。